AJ・Flat株式会社リクルートサイト

KIHARA

木原 ( 2019年入社 / テスター )

1: 差しつかえない範囲で、前職と入社動機をなるべく詳しく教えてください

もともとプログラマーになりたくて前の会社に入社し、そこでカーナビの機能が取扱説明書通りに動作するかの評価を行っていました。
その会社が名古屋を撤退することになり、次の就職先を決めなければいけないと考えていた時に常駐先から紹介していただいたのがAJ・Flatでした。
前職では同じ会社の人と会う機会が少なかったのですが、それでも撤退と聞いたときは悲しかったです。
AJ・Flatは主に開発を行っている会社だったので、プログラミング経験が必要なのか少し不安でした。
しかし、未経験の採用にも力を入れている会社だったため、私でもプログラマーに一歩近づけると思い応募しました。

2: 現在の具体的な職務内容を教えてください

某SIer様にてナビアプリの評価業務を行っています。
アプリをマニュアル通りに操作をして、動作や画面表示に不具合がないかを確認しています。
10人ほどのチームですが、それぞれがカーナビの評価や資料作成などの作業をしているので、1人で黙々と業務を行っています。
同じAJ・Flatの社員はお客様先にいるので、チャットで会話をしています。
プロジェクトや試験項目の多さにもよりますが、最近は1日に100~200件ほどの試験を行っています。
不具合が見つかったときはリーダーに報告をし、許可が出たら起票をします。ログの取得や処理票の作成があるので納期が短い時は大変ですが、それでも不具合を見つけたときは嬉しくなります。

3: 仕事上の成功例や失敗例など、エピソードがあれば教えてください

まだ不具合票の記載に慣れていないときに、自分の書いた不具合票で先輩が注意されてしまったことがあります。不具合票をシステム上に記載して報告するのですが、個人アカウントが発行される前だったので、先輩のアカウントを借りて記載完了報告をしました。
それが原因で先輩が注意されてしまい、申し訳なくて仕方がなかったです。
先輩は「気にしなくていい。慣れていないのだから間違えることもある。」と言ってくださり、修正箇所や対処方法を丁寧に教えてくださいました。
その後、不具合票の起票には注意を払うようになりました。
また、後輩ができたときは、あの時の先輩のようになりたいと思っています。

4: 仕事上のやりがいや、御社で働く魅力を教えてください

普段は常駐先にいるため接点のない人も多いのですが、 勉強会やイベントなどでお会いする先輩方は話しやすい人ばかりだと感じます。
その雰囲気のおかげで業務やスキルアップの相談もしやすいと思います。
例えばスタサポというものがあるのですが、私は月に2回、2時間ほど参加しています。
スタサポでは勉強する内容を自分で決められるので、今は基本情報技術者の資格を取得するための勉強をしています。
雰囲気も和気あいあいとしているので、参加することが楽しみの一つです。
参加メンバーは多くはないので、分からない部分をじっくりと質問できるところが好きです。