AJ・Flat株式会社リクルートサイト

UEMURA

上村 ( 2018年入社 / プログラマー )

1: 差しつかえない範囲で、前職と入社動機をなるべく詳しく教えてください

前職は、福井県の半導体製造工場で勤務し、製造工程の作業者から工程管理業務まで担当していました。
24時間稼働の工場のため、通常の日勤と夜勤の交代体制での勤務環境でした。
今考えると、勤務時間が長かったため、あまり自分の時間が取れていなかったと思います。
自分の時間がしっかりと取れ、技術的にも身につくような仕事は無いかなと探していたところ、IT関連の仕事が目に止まりました。システムの開発やプログラミングが楽しそうというのがIT業界のイメージでした。そこで、地元でもIT関連の仕事を探しましたが、見つからなかったため、挑戦という意味も込めて地元を離れ、転職することに決めました。

2: 現在の具体的な職務内容を教えてください

現在は某SIer様で、AT開発業務を行っています。ATとは、アクセルの踏み具合や車の走行速度などに応じて変速比を自動で切り替えるシステムです。
主に、故障検出後の対応や新しい機能の追加などの設計⇒実装⇒検査業務を担当しています。
チームは6名体制で、使用言語はC言語で開発しています。
残業は基本的にはありませんが、納期間近や突発で業務の依頼があった場合は、残業で対応します。
とはいえ、平均しても10時間/月くらいです。
また、自分で書いたプログラムが狙い通りの動きになったときが、楽しいと感じる瞬間です。
バグ(不具合)が起きていないことにホっとすることもしばしばありますね。

3: 仕事上の成功例や失敗例など、エピソードがあれば教えてください

未経験から1年少し経ったとき、意図通りの動きになるように提案した内容が採用されたときがとても嬉しかったです。
1年経つまでは、コードを読むこともまともに出来ていない状態でした。コードを書いても、考え方や検討が足りておらず、指摘をもらうことも多かったです。
また、最初のうちはAJ・Flat内で行っている勉強会や動画コンテンツ(E講義動画)を利用して、学習に取り組み基礎的な知識を身につけるように励んでいました。
失敗談でいうと、期限ぎりぎりで急に修正が必要になった際に、修正漏れを発生させてしまったことです。
普段から振り返りを実施し、同じ内容でのミスを今後発生しないように気を付けています。

4: 会社の制度面として、魅力的な部分とその具体例を教えてください。

自分の目的に合わせた参考書代や資格試験の受験料など、会社からの補助金が出るキャリアアップ支援金制度や一人だとなかなか進まない学習や分からないことを質問出来るStudy☆Supportという制度があります。
実際に、基本情報技術者の資格を取るためのテキスト代として、キャリアアップ支援金制度を使いました。
試験を受験する際もこの制度を使う予定ですが、補助金が出るのはとても助かっています。
エンジニアとしての成長に会社として力を入れているところに魅力を感じています。